1. トップページ
  2. 外来のご案内 産科
産科

産科 Obstetrics department 

安心・安全なお産のためにできること

ご妊娠おめでとうございます。
…とはいえ何度経験しても緊張するもの。

少しでも安心・安全にお産をしていただけますよう、当院では「助産外来」
「父親教室」「母親教室」「ソフロロジー式分娩」など、最新の体制で
スタッフ一同サポートいたします。

産科診療内容

妊婦定期健診、分娩、ソフロロジー式分娩法、無痛(和痛)分娩、
立会い出産、産科手術、産後健診、助産外来(ご希望の方)

超音波検査について

超音波検査

当院では、平成13年に北陸で初めて、全国で7番目に導入された4D超音波診断装置で、胎児の状態をリアルタイムの3次元動画像として提供しています。

定期健診以外の外来

腹痛、出血、おりもの、かゆみ、お腹の張り、つわり、排尿痛、頻尿などがありましたら、いつでもご連絡ください。

里帰り出産について

里帰り出産をご希望の方は、妊娠経過が順調でいらっしゃれば紹介状をご持参の上、妊娠34週までにお越し下さいますようお願い致します。

各自治体交付の妊婦一般健康診査受診票(助成券)に関しましては、償還払い制度で対応しております。
(一部自治体を除く)

産科に関する手続き

1.出産育児一時金等の直接支払制度合意文書

  直接支払制度にお申込みいただくと、
  出産育児一時金の申請、手続きを医療機関が行います。
  退院時のお支払いは42万円(双胎は84万円)を差し引いたものとなります。
  当院ではほとんどの方がお申込みいただいております。
  ※用紙は当院でご用意いたします。

2.産科医療補償制度登録証

  当院は産科医療補償制度加入の医療機関です。
  当院でご出産される方は必ず加入が必要です。
  ※用紙は当院でご用意いたします。

3.健康保険証

4.帝王切開手術予定の方

  限度額認定証は入院日までに受付窓口にご提出ください。
  限度額認定証があれば入院時の窓口負担が軽減されます。
  手術日が決まったらご加入の保険者に連絡する(*1)と、限度額認定証が交付されます。
  退院日月をまたいでの入院は、月末までに限度額認定証が間に合わない場合、通常のお支払いとなります。
  後日、ご自身で高額医療の申請をしていただけます。
  *1:ほとんどの保険証に保険者の電話番号が記載されています。
  ご不明の場合はお勤め先にご確認ください。

▲ ページトップに戻る