しわ・陥没・傷

ボトックスの原理と特徴

ボトックスは、筋肉を麻痺させるのが特徴です。シワの近くに有る筋や、アゴの横に有る大きな筋肉を上手く麻痺させることで、シワを取ったり、顔を小さく見せたりすることができます。

また、注射後2ヶ月前後で徐々に効果が現れはじめ、最大6ヶ月後をピークに効果が徐々に薄れています。つまり、ボトックス治療は、一度で一生効果が有るわけではなく、効果が切れる度に注射をしなければいけないということになります。

しかしながら、現在は「プチ整形」(切らない整形)が流行っており、手軽にできることから希望される患者さんは増加の一途をたどっています。

小顔のボトックス注射をしても、注射前の顔がすこし自分のイメージしていたものと違ってしまっても、半年で元通りになるからという安心感もあります。

ボトックスとヒアルロン酸の使い分け

ボトックスとヒアルロン酸、ご自分にはどちらの治療法がふさわしいか迷われるところだと思います。ヒアルロン酸や以前使用されていたコラーゲン注射などは総称して英語でFiller(フィラー)と言い、「詰め物、埋めるもの」といった意味があります。
すなわち、注射によってしわのへこみを埋める、持ちあげて浅くするという働きがあります。
一方、ボトックスは筋肉の動きを止めることでしわを出にくくさせる働きがあり、深いしわを浅くするというより、表情でできるしわを止めるために用います。
(詳しくは先生にご相談下さい☆)

※表示価格はすべて税別です。

ヒアルロン酸 50,000円(1本)
ボトックス注射 薬代 40,000円
ボトックス注射 手技料 額  20,000円
眉間  15,000円
目尻  17,000円
小顔(エラ)  20,000円

▲ ページトップに戻る